ケイジェンドプロダクト

電話

メール

HOME > コラム一覧 > 豆知識一覧 > 取引先に個人から出すべき? 年賀状のビジネスマナーと書き方

取引先に個人から出すべき? 年賀状のビジネスマナーと書き方

取引先に個人から出すべき? 年賀状のビジネスマナーと書き方 日頃からお世話になっている取引先には、新年の折に感謝の気持ちを込めて年賀状を送りたいもの。 特に懇意にしている企業には、礼儀を重んじて個人から年賀状を出すべきでしょうか? 今回は、取引先に送るビジネス用の年賀状を「個人名義」で出すべきか否かについてご紹介します。 併せて、年賀はがきには欠かせない「表書き」や「添え書き」の書き方などのビジネスマナーも確認しておきましょう。

ビジネス用の年賀状を「個人名義」で送るべき?

自社に個人名義の年賀状が届いていた場合、多くの方は手厚く対応すべきだと考えるのではないでしょうか? 「お正月明けに出社してみると個人名義の年賀状が届いていた。 しかも自社からは企業宛の年賀状しか送っていない。」このような状況になってしまったら、慌てて年賀状を手配することになるでしょう。 ビジネス用の年賀状を個人名義で送ることは、先方の年賀状対応の手間を考えるてみると、積極的におすすめできない対応だと言えます。 もちろん個人名義の年賀状を送ること自体は不自然なことではありません。 担当者同士がが特別懇意にしている時などは、個人同士の付き合いとビジネスマナーの双方に配慮しながら送るようにしましょう。

年賀状のビジネスマナー:宛名や企業名など「表書き」の書き方

年賀状のビジネスマナー:宛名や企業名など「表書き」の書き方 年賀はがきの場合でも、ビジネスマナーに則った表書きの書式を守りましょう。 企業名については、先方のホームページなどに(株)と略称で書かれていても、必ず「株式会社」と記入するようにしてください。 役職者や担当者宛のはがきでは「様」を使うので、企業名のところで「御中」を挟む必要はありません。 また旧来のビジネス郵便物では、「部長 ○○ ○○様」というように、氏名と同じ行に書くことが一般的でしたが、最近ではあまり見られなくなりました。 近年、「アカウントマネージャー」「エグゼクティブディレクター」などの長い役職名を使うことも多くなってきたため、表書きの体裁を良くするために別行に分けるようになったのです。 役職名と氏名を同じ列に書く場合は、役職名のフォントサイズを氏名より一回り小さい文字で記載します。

年賀状のビジネスマナー:本文に一言添える「添え書き」の書き方

一般的にビジネス用の年賀状には、自社で作成した年賀はがきを用います。ワープロソフトで印字した本文だけではそっけない印象を与えてしまいます。 たった一文でも手書きのメッセージがあると印象に残るものなので、可能な限り手書きの「添え書き」を加えると良いでしょう。

年賀状のビジネスマナー:「賀詞」表現の注意点

ビジネス用の年賀状には、「謹賀新年」「恭賀新年」という賀詞が適しています。個人間の年賀状の場合、「賀正」や「迎春」といった表現でも問題ありませんが、本来これらの“2文字の賀詞”は目上の者から目下の者に対して使われる言葉です。 また年賀状とは挨拶状でありながら、お祝いの言葉を示すものでもあります。そのため「去年」などの忌み言葉は避けて、「昨年」「旧年」といった表現を使いましょう。 従来のビジネス用年賀状は手書きがマナーとされていましたが、最近では大量印刷で手配することもごく一般的になりました。 「印刷の年賀状だから」と思われないためにも、添え書きや表記の仕方に気を配りながらしっかりと準備を進めていきましょう。

別のコラムを読む

コラム一覧 >>

別のコラムを読む

コラム一覧 >>

豆知識
コロナ禍でご要望の多いお問い合わせと事例

ダイレクトメール(DM)やアンケート調査、挨拶状に関する印刷・封入・発送代行として事業を展開してきた弊社ですが、時代とともに、お客様から頂くご要望も多様化してきました。 最近は、働き方改革による在宅勤務の影響で作業のアウ […]

豆知識
新年の挨拶でDMが打てる?「年賀タウンメール」とは

日本のお正月の風物詩である年賀状。近年は発行枚数が減少傾向にありますが、新年を迎えた朝に郵便受けに入っている年賀状は、メールやSNSでの連絡とはまた異なる嬉しさを感じるものです。実は、そんな年賀状を年始の販促に活用できる […]

高級感のある封筒

社内報
特別感を感じさせる封筒のご紹介

大事なイベントや行事で、特別感のある招待状を送りたいというご相談を多くいただきます。しかし、オリジナルの封筒を別注で作るとなると手配や手間が掛かってしまいます。手間をかけずに高級感・特別感を出したい時にご利用いただける封 […]

MAP


株式会社ケイジェンド・プロダクツ
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-39(興亜第2ビル1F)
TEL:03-3361-7968 FAX:03-3361-2404